読唇術

最終更新: 2019年8月3日

【注意事項】

口が見えていても完璧に分かるようになるわけではありません。

それは、一人一人話し方が違い、方言があり、同じ口の動きをする言葉が複数存在するからです。一番読話が使いやすいのは身近な人です。次に好きなタレントやアイドルなどよく見聞きする人。

話し方の癖や、その人が話す方言、職業など情報が多ければ多いほど精度が上がっていきます。人に興味をもって接するのが一番の近道かもしれません。読話は魔法のようなものに感じるかもしれませんが、とても疲れます。耳だけでなく、目や頭も使うからです。また、自己流ですのでこの記事を読んだからと言って出来るようになるとは限りません。参考程度にご活用いただき、聞こえを補えていただけたら幸いです。


【出来るようになること】

1.聞こえない耳で話しかけらても何を言っているのか予測できる

(100%ではないです!)

2.テレビの音声が拾いやすくなる

 (口元が見えているとき限定です)

3.聞き返す回数が減る


付き合いの長い友達には、片耳が聞こえないと思わなかったと良く言われます。

ただ、私自身は聞き逃す場面が何度かあったと思っていました。

完璧に聞こえを補えるわけではありませんが、

それでもいいという方のみご利用ください。



【私が読話を身に着けるまで】

1.基本的な口の動きを覚える

鏡で自分の口の動きを観察して、あいうえお順に発音してみる。


実際に声に出さなくても問題ありませんが、最初は大きく唇を使って慣れてきたら普通に話すように口を動かします。この時に、似ている口の動きを意識して覚えると良いです。




2.テレビを無音でも分かるようにする

ニュースのはしご、漫才がおススメ。決まったリズムがあるので、予測しやすいです。


たとえばニュースは放送されるニュースがだいたい同じ内容なので、いい練習になります。最初は分からないと思いますので、テロップなど他の情報も見ながら覚えていきましょう。分かるようになったかもと思ったら、アナウンサーの口元だけ見ればオーケーです。分からないところが出てきたら、テロップなどで答え合わせをする感覚で見てください。


また、漫才やコントもおすすめです。芸人さんによって癖やパターンがあるので、ある程度予測しやすいく、はっきりした話し言葉なので楽しみながら訓練できると思います。私の押しはサンドイッチマンです!(きっと聞いてない…)分からない単語は実際に発音して確認すると分かりやすいです。




3.好きこそものの上手なれ

好きなタレント、アイドル、アニメキャラなどの口癖、しゃべり方を何度もみて聞いて覚える。


例えば、同じタレントさんのインタビューやバラエティ番組など、いろんな状況での話し方を観察。タレントさんなので、普段人と話しているような自然な言い回しに触れることができます。


アニメキャラは、キャラが濃いので、唇を読まなくても音程やリズムで予測しやすいのでお勧めです。好きな声優さんを見つけて、色々なアニメを見てみるのもいいかもしれません。声や口調がキャラによって変化するので、声の音の多様性に触れることができます。同じ人でも口調が違うだけで、受けるイメージが違うことを知っておくだけで応用が利くと思います。


この時ですが、相手の感情を意識して読むようにすると予測しやすくなります。「この人は喜んだらこの言葉をよく使うな」とか「怒っているときは声が聞き取りずらいかも」とか口を読むことに意識しすぎずに、相手の内面を見るように心がけるのがコツです。





4.友達や家族と聞こえない耳の方で会話してみる

よく話す人や話し声を聞く人に協力してもらう。


聞きなれた人の声は、自然と反応してしまうもの。話し方をよく知っている身近な人に協力してもらって、聞こえない方の耳で口元を見て会話をしてみてください。私はあえて聞こえない方の耳に無作為に人を置いて会話をしていたのですが、とても疲れるので身近な人と話した方が疲れにくいと思われます。無理のない範囲で、聞き返しながら探っていってください。言えない単語は聞き取りが難しいので、分からない単語があるときは、自分の口で発音してみてください。




5.私は健聴者と思い込む

健聴者でも聞き返すことはあります。聞き返すことは当たり前だから聞き返すことを怖がらずに接してみてください。恐怖心で聞こえないと錯覚することもあるので、(私の場合)心に余裕をもって頑張ってみてください。



【最後に】

私の持論ですが、お役に立てれば光栄です。

もっと詳しく知りたい内容がございましたら、

その都度加筆していきますので、ご連絡頂ければと思います。

片耳が聞こえなくても、前向きに生きたいですね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!


mizuna


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

聞こえなくても繋がっていたい

※今回の投稿は10月の展示に出品する「ZINE」用の脚本です。 本番の主役は「ハリフラワー」です。 大まかな内容はこんな感じです。 【聞こえなくても繋がっていたい】 私には出来ないことが多かった。 言葉も分からないから、 しゃべれない。 分かる言葉があっても、 自分の声と周りの音の聞き分けが出来ないから、 しゃべれない。 自分の声と周りの音が聞き分けられても、 周りの音と他人の声が聞き分けられない

© 2023 by Robert Caro. Proudly created with Wix.com