片耳が聞こえない【幼少期】

最終更新: 2019年6月25日

片耳が聞こえないとはどんな感覚なのか。両耳が聞こえる人には、想像しにくいものだと、常々思っています。そこで、片耳難聴を少しでも知ってもらうために私の体験談を出来るだけ細かにお伝えすることにしました。私の感覚ではありますが、参考にして頂ければ幸いです。 【私の耳との向き合い方】

私は耳が聞こえないことを、基本的には話しません。というよりは、気にしないように生きてきました。この考え方が正しいとは思いませんが、小さい頃は理解者が全くいなかった私はこう生きるしかなかった。片耳難聴は理解されにくく、不自由ではないが不便な障害です。特別扱いして欲しいわけではなく、苦しさを分かって欲しい。突発性難聴の発症者が少なくない現代で、「もしかしたら自分の身にも起こることかもしれない」と、他人事のようにとらえずに健聴者の方々にも読んで頂きたいです。 誤解を招かないように伝えておくと、私は片耳難聴者で良かったと思っています。この障害が無かったら、私は何も努力をしない人間になっていた自信があるからです。なので、どうか「可哀想」と思って読まないでいただきたいです!! 【幼少期の片耳難聴】

私は生まれつき左耳が聞こえません。ちいさいころは音の認識が苦手で、人の声と物音を聞き分けができませんでした。同じ年代の子とは、「かけっこ」や「鬼ごっこ」といった男の子がやるような遊びでコミュニケーションをとっていたと記憶しています。女の子がやるような「ままごと」は、音の認識が出来ない過去の私には、とてもじゃないですが出来ませんでした。うまく反応が取れないとたちまち空気が悪くなるからです。言葉でのコミュニケーションの取り方が分からない当時の私にとってとても苦痛でもありました。ちいさいころは、男の子がやるような「言葉がいらない遊び」をよくしていて、自然と男の子と遊ぶようになっていました。だからか、ちいさいころは男勝りでした。(今も結構男っぽいところがあります。) 物心がついた頃から耳が聞こえないことは自覚していたけど、みんなもそうだと初めのうちは思い込んでいました。ですが、周りは左側に人がいてもおしゃべりが出来ている。私は、音に気づくことも難しいのに。「なんで?」と思い3歳か4歳の頃に母に尋ねました。そこで病院に行き、「左耳が聞こえないこと」と「治せないこと」を診断されました。私よりも母の方がショックを受けているようで、不安だったと思います。「右耳は正常だから問題ない」と言われましたが、聞き取りにくい音がある状態でした。オージオメーターでの検査が正常なので正常だとのことです。子供だからわざと聞こえないようにしていると思われて、信じてもらえなかったのかもしれません。私自身聴こえるといった感覚が、分からなかったから、検査の時に不規則な回答をしてしまったかもしれません。とにかく、私は改善点も指導されることなく普段の生活を続けることになりました。  以上が、私の幼少期の体験談です。この頃は時間に身を任せていたので、特に聞こえを補う努力をしていませんでした。なので、聴力障害は、コミュニケーション障害が伴う障害であることを知ったのは成人を過ぎてからでした。自分はコミュニケーション障害だと、もっと早くに認めてしまえたらと後悔することがあります。耳が聞こえるか聞こえないかよりも、もっと早くに自分の努力しても出来ないことをしっかり知っておくことが大事だったと思います。そうすれば、不可能なことを補うための努力に徹することが出来たと思います。

【私が出来ないことと出来なかったこと】

●左側に人がいる状態での会話が困難。●人が多いく密閉された空間での音が聞き取りにくい(体育館内など)●放送等の電子音が苦手(というかほとんど聞き取れない)●男性の声が聞き取くかった(背が高すぎて唇が見えずに、音の方向も分からないから、誰がしゃべっているか分からずきょろきょろしてしまう)●音の聞き分けが出来ない(人の声や物音の判別も上手く出来ないときがある。)●自分の名前を呼ばれても気づかないことがあった●よく「無視かよ!」と怒られた。(「無視」という言葉は面と向かってよく言われていたので、聞き取れる。)などなど。 当時の私が悩んでいたことです。悩んで悩んでも解決できずにもがいていたので、今でも覚えています。



【最後に】 

これから少しずつ片耳難聴について私の生い立ちを交えて記事を書いていこうと思います。片耳が聞こえなくても生きてはいけますが、孤独を感じやすい障害です。音が聞こえないということは、言葉でコミュニケーションをとることが難しいということです。特別扱いされたいわけではなく、どうしても出来ないことがあるから、ただ知って欲しいと願っています。私は、言わないという人生を送ってきましたが、言って理解された方が当人たちにとっては一番望ましいことです。 最後になりますが、私の体験や解決策が必ずしも聴覚障害者全員に当てはまるものではありません。一人一人症状や感じ方が違うので参考程度にとどめて頂ければと思います。 最後まで読んで頂きありがとうございました!片耳難聴が少しでも理解されることを願っています。 mizuna

2回の閲覧

© 2023 by Robert Caro. Proudly created with Wix.com