© 2023 by Robert Caro. Proudly created with Wix.com

I'M

mizuna.

illastrator and creator
片耳難聴者
微力ですが
私の創作活動で
片耳難聴者を
知って、理解して、
​片耳難聴者の
励みになることを
​願っています

MY STORY

私は生まれつき左耳が聞こえません。

 

「片耳が聞こえない」というのは、健聴者からするとなかなか想像しにくい感覚かもしれません。

「片耳だけなら大丈夫じゃん。」と思うかもしれません。

(そのため、理解してもらえない辛さがあり、孤独感がありました。)

片耳が聞こえないだけで、立体感がなく、音の方向がわかりません。

片耳が聞こえないだけで、音の聞き分けが難しく、相手の言葉がうまく受け取れません。

その結果、私は人と関わることが怖くなってしまうときもありました。

「何度も聞き返したら嫌がられるだろうな。」

「話しが通じにくく、もう話すのが面倒だと思われるかも。」

そう思いながら幼少期を過ごしました。

でもやっぱり「家族や大切な人が何で笑って、泣いているのか知りたい」と思い、

子どもながらにもがいていました。

例えば読話。

誰に教わるでもなく、相手の口を読む努力をしました。

ニュース番組は音を消してアナウンサーの口を読むようにし、ニュース番組をはしご。

同じ内容のニュースが流れるので、いい練習になります。

授業中の先生の話し方も参考にしました。

先生ごとに授業の流れが決まっているので、予測しやすいので勉強になります。

授業よりも真剣に口を読んでいました。

一見便利な独話ですが、とても疲れるので眠気と疲労感と戦う日々。

しかし、それが実を結び、

決められたルーティンの中でなら口話を使えるようになりました。

テレビも音声が無くても楽しめています。

片耳難聴には、

「片耳”が聞こえない」という無感覚と

「片耳”が聞こえる」という感覚があります。

この障害は、聞こえるがゆえに理解されにくく、

孤独感を感じやすい障害だと思います。

日常生活には大きな障害はありませんが、不便で理解されにくく生きづらいです。

ただ、誰にだってハンデや壁はあるもの。

目の前の壁に当たっても、消して砕けず、立ち尽くさず。

スーパーボールみたいに、どんどんどんどん跳ね返って、いつかその壁を越えていく。

​そんな生き方を表現者として伝えていきたいと思っています。

 
 

02 PORTFOLIO

MY LATEST WORK. SEE MORE >

03 Experience

2014-2018

​武蔵野美術大学 在学

彫刻学科として、4年間彫刻を学ぶ。専攻は石彫。在学中に一通りの彫刻技術に触れる。在学中は年2回程、展示活動を行う。(2014年浜松市美術館の一室で個展開催、2018年新国立美術館にて卒業作品展に参加etc…。)

受賞・実用履歴

(社会人以降のもの)

ellerie 長期コンペ

「ellerie ロゴ横 ユーモアマークコンペ」

 入賞・商品化

glamcity 長期コンペ

「西海岸×フラミンゴTシャツ」 入賞

Leirena 長期コンペ

「あなたの描くフラワー」 入賞

ellerie 長期コンペ

「チェック×ユーモア×お花」 入賞・商品化

ダンスビュウ×Leirena 長期コンペ

「スペシャルイラストコンペ」 入賞・商品化

​片耳難聴サポート「きこいろ」様のロゴ作成

 

SNSアイコン作成

展示活動

(社会人以降のもの)

​2019年7月2日~7月6日

レクトヴァーソギャラリーにてグループ展に参加

2019年10月14日~11月10日

DFG BOOK MARKET 出店

2019年12月18日~12月22日

4th christmas art competition in yokohama

​に参加予定

 
 
CONTACT

coda0042@gmail.com

  • アイコン 2-1
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

Thanks for submitting!